toggle
2018-01-11

新作 CLUDE (クルード)の紹介

新年明けましておめでとうございます。

SLACKも2018年1月17日で1周年を迎えます。

まずは今年の目標として…ブログも充実させて行きたいと思っております。

画像で見ただけでは伝わりにくい部分やこだわりを皆様にお伝えできれば

いいなと思っています。

【SLACK(スラック)】は「語れるベーシック」として

シンプルでクラシックな見た目とは裏腹に沢山の語り要素のあるギミックや

機能性も加えています。

今回は新作の【CLUDE(クルード)】の魅力をご紹介させて頂きます。

 

【CLUDE】BLACK/WHITE  ¥12.800+(TAX)

 

 

【CLUDE】WHITE/WHITE  ¥12.800+(TAX)

 

 

【CLUDE】ORANGE/WHITE  ¥12.800+(TAX)

 

 

アッパーは「ガラスレザー」を使用。

本革の表面に合成樹脂と顔料を塗って、上品な光沢や革に張りのある

丈夫なレザーになります。汚れにも強いのでお手入れも簡単です。

レザーシューズは「3日履いてからがスタート」と言われていて

最初はゴワゴワしたり、固くて少し履きにくいです。

しかし3日履くとレザーが伸びて柔らかさが増し、足あたりも抜群に良くなります。

レザーの醍醐味である「味」が出てくるのが履けばすぐにわかると思います。

 

 

ラバーには光沢剤を吹き付けて「グロス加工」を採用しました。

アッパーのガラスレザーに連動して、ラバー部分にも光沢を持たせて

上品さを更にプラス。

1点づつスニーカーが出来上がった後に、職人さんがマスキングテープを

貼ってから薬剤を吹き付けるのでかなりの手間がかかっています。

是非注目して頂きたいパーツです。

 

 

シューレースは2種類ついています。

1つは「平紐」と呼ばれるオーソドックスなシューレース。

2つめは「丸ゴム紐」と呼ばれる、あまりスニーカーには使用しない

紐をチョイスしてみました。

伸縮が可能なゴム紐は、「コードロック」と呼ばれるメタル製のパーツで

調節を可能にしています。発想としては「スリッポンのように履ける紐靴」

がデザインベースになっています!!

 

 

踵部分にはリフレクターパーツを採用しています!!

暗闇で光を当てると強烈に反射をして存在感をあらわにします。

昼間には見せない攻撃的な部分を隠し持っているのはSLACKの特徴です!!

 

 

ベロ部分には「ボックスステッチ」と呼ばれる長方形のステッチを施しました。

着脱の際にベロを指でつまむ人が多いと思いますが、今回はガラスレザーを

使用しているため、ツルッと滑ってしまうのを防ぐために、ボックスステッチを

配置して、ストッパーの役割を果たします。

 

 

スニーカー内部の蒸れた空気を流動させるために、見えにくい内側部分に

「通気口」を配置しました。歩行する度に内部の空気が勝手に抜けて

循環を促します。

 

 

サイドから良く見ると山なりのステッチがあります。

ステッチは小指部分の横ブレを防止する役割を持ち、よりホールド性を高めます。

今回はソールにもサイドステッチを施しました。

ソール剥がれを防ぎ、強度を今まで以上にアップさせています。

 

シンプルなデザイン構成でも沢山語る部分はあります。

是非、履いて頂いて再確認をして頂けたら嬉しく思います。

クラシックなデザインには敬意を払い、現代の新しいテクニックを

融合した新しいスニーカーをSLACKでは提案し続けます。

 

購入はSLACKオフィシャルオンラインストア

もしくはDEALERへお問合せください。

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。